話題のベビー用ボックスを北欧から取り寄せてみたら

フィンランドベビーボックス

こんにちは!スー子です。

私事ですが先日、姪が産まれました!昔から仲の良い姉の初めての子どもで、私にとっても初姪だったので何か特別な出産祝いを渡したいと思い長らく考えていました。姉の友人にまで知れ渡っている北欧好きの私なので、北欧を連想させるプレゼントがしたいと見つけたのがこれです!

フィンランドから届くムーミンのベイビー・マタニティーグッズ!

どんな内容なのか早速見ていきます。2018年4月には幼児向けのムーミンボックスも始まりとっても可愛いので、そちらの内容も併せてご参考にしてみてください ^^


ベビーボックス中身

フィンランドのベビー用ボックス

そうです、プレゼントしたのはフィンランドから国際郵便ではるばる届くベビー用ボックスです!もしかするとTVなどでベビーボックスの存在は知っていたという方もいるかと思いますが、日本にも届けることが可能というのをご存知でしたか?この フィンランド・ベイビー・ボックスは、注文時には日本語でフィンランドにいる日本人のスタッフとのやり取りが可能なため、安心して取り寄せることができます。オリジナル版とムーミン版があり、私が選んだのはムーミン版。ムーミン版は届くアイテムの8割近くがムーミンデザインでとてもキュートなのです。ネットで見て「これは可愛い!きっと使ってもらえるプレゼントになる。」と思って注文しましたが、届いて開けた時にはその何倍も可愛くて、大興奮でした。そして受け取った姉もすごく喜んでくれました。

フィンランドベビーボックス

フィンランドベビーボックス

その中身は?

気になるムーミン版の中身ですが、このようなラインナップです。

内容

約50点のアイテムが入っていて、どれもとてもキュートです。

実は、このボックスにもきちんと役割があるのです。このボックスにはクッション材が敷かれていて、ベビーベッドとして使用できる優れものです。実際寝かせてみましたが、新生児にピッタリの大きさで、軽いけれどしっかりしていて、淡いカラーとムーミンデザインが温かみを感じさせてくれます。

フィンランドベビーボックス

フィンランドベビーボックス


また、ムーミンのぬいぐるみは洗濯してみましたが全く問題なしです。赤ちゃんは何でも口にしてしまうので、ばい菌が気になるところですが洗えるというのはとても嬉しく安心です。姪っ子も早速気に入ってくれて、投げまわしたり、口に入れたりと遊んでくれています。

フィンランドベビーボックス

フィンランドベビーボックス


イギリスからフィンランド・ベイビー・ボックスを注文した人のYoutube動画が人気です。この方が注文したのはオリジナル版ですが、どんなものが入っているかチェックできます。

(制作:ArtCream )

おすすめポイント

それなりのお値段のフィンランド・ベイビー・ボックスですが、実際に購入し、使用している視点からおすすめポイントをご紹介します。

  • 赤ちゃんを迎えるにあたり必要なものを一通りカバーできる
  • 日本語での対応がOK
  • メッセージカードを付けることができるためプレゼントにもGOOD
  • 赤ちゃんが産まれる季節によって一部アイテムのサイズなどを選択することができる
  • 双子ちゃんには割引がある
    双子ちゃんにそれぞれ用意する場合には、15%のディスカウントが効いてその内容もカスタマイズすることができます。詳細はこちらをどうぞ。双子でムーミンを着ている赤ちゃんは想像するだけでも顔がほころびますね。
  • 国際郵便送料が無料かつ関税も返還してもらえる
  • 30日間の無料返品が可能
    万が一気に入らなかった場合、送料も全て無料で返品が可能です。より喜んでもらえる商品への思いが伝わる会社側の真摯な対応を感じ、信頼感が増します。詳しくはこちらを参照ください。

なぜフィンランドなの?

実はフィンランド、国の政策で妊娠している国民全員に無料でベビー用ボックスが支給される制度があります。それは赤ちゃんの両親の家庭環境や経済状況にかかわらず、産まれる大切な命を社会が平等に迎え入れるための最低限の支援というフィンランドならではの子育て支援です。1930年代に始まったこのベビー用ボックス支援策ですが、これまでその内容は様々に進化していて、今日では世界中から注文が殺到する人気のボックスになっています。ちなみにですが、フィンランドではこのベビー用ボックスを貰わない場合には140ユーロ(約¥18,200)を祝い金として政府より受け取ることが可能ですが、あまりに充実した内容なのでほとんどの人がこのボックスを受け取るとか。
また、このボックス(段ボール素材)自体をベッド代わりに使うというアイデアには、1930年代の社会状況が関係しており、当時はベビーベッドを変えない両親が多く、赤ちゃんが眠る環境を用意するのが難しい状況が社会問題になっていたといいます。産まれたばかりの赤ちゃん全員にきちんと眠る場所を提供するこのボックスはまさにナイスアイデアとされてこれまで長い間受け継がれています。

お値段、注文時のポイント

とてもキュートで実用性も文句なしのフィンランド・ベイビー・ボックスですが、お値段は以下の通りです。

オリジナル版:54,000円
ムーミン版:69,000円

決して安くはないですが、二人目にも十分使えるようなものばかりなので物を大事にする北欧の精神からすると妥当なお値段と私は思っています。

◆おすすめの購入タイミング◆
自分で購入する際は出産の1-2か月前、プレゼントする時は出産直後
ホームページには出産4か月前と記載がありますが、実際に注文して使用した上でのおすすめは1-2か月前です。フィンランドと異なり日本の家庭には物を置くスペースがあまりないこともあり、早すぎても置き場がないということもあると思います。ただ、どんなものが手元に届くのか出産前に見ることができると他に必要なものを揃えたりできるため、ご自身で購入される場合は出産1-2か月前に購入するのがおすすめです。プレゼントする場合は、出産にプレッシャーを感じるママやパパの負担にならないよう出産直後の注文がいいと私は思いました。

◆届くまでの期間◆
2-4週間(年末年始は注文が多いようで、4週間近くかかりました。)

冬用のオーバーオールは、サイズを選ぶことができます。赤ちゃんが産まれるタイミングを考え、生後何か月くらいの時に真冬を迎えるのかを計算するといいでしょう。

◆関税の返還◆
フィンランド・ベイビー・ボックスは日本の郵便局がEMS便で届けてくれます。受領の際には、一旦関税を支払うことになります。しかしこの関税はフィンランド・ベイビー・ボックス側に支払ってもらえるため心配無用です。支払った際に領収書をもらって、それを写メしてメールにて連絡(日本語OK)すると、2017年現在時点では5,600円の支払い全額を支払いに使用したクレジットカードに戻してくれます。(内訳:関税5,400円+手数料200円)この対応もとてもスムーズで心配なく2週間もしないうちに完了しました。

フィンランドベビーボックス

子どもに優しい北欧社会

スウェーデンもそうですが、北欧は全般的に子どもや子どものいる家庭に優しい社会です。やんちゃな子どもや子どものいたずらにも寛容なことが多く、子どもに対する親の責任も日本ように重大ではなく、のびのびと育てている人が多いように感じます。例えば、バスの乗り降りの際にベビーカーを押していれば必ず近くの人が助けてくれるし、公共の場で泣いている赤ちゃんがいても嫌な顔をする人は少なく、逆に赤ちゃんのご機嫌を取るようにかまってくれたりすることが多いです。そもそも子育てに関する国の支援が厚く、シングルマザーやシングルファザーで子どもを育てることが経済的に可能で、また社会的にも職業で不利になるようなことは基本的にはありません。現に私のスウェーデン人の友人は、精子バンクというデンマークに続き数年前にスウェーデンでも合法化されたサービスを利用して、あえてシングルマザーとなることを選び、子育てをしながら仕事をしています。そのお話はまたご紹介したいと思います。

決して贅沢をする国民性ではなく、家族や周りの人を大事に素朴に生きている人が多いというのが北欧人に共通する印象です。そんな北欧マインドがたくさん詰まったフィンランド・ベイビー・ボックス、ぜひ親しい方の出産祝いにあげてみてはいかがでしょうか。私も自分の子どもができた時には注文したい逸品です。いつになるか分かりませんが、それまで存在していてほしいです・・・笑

フィンランドから届くムーミンのベイビー・マタニティーグッズ!


待望の新登場!幼児向けのムーミンボックスをチェック!

2018年現在はベビー用だけでなく、1~2歳用の幼児用のボックス幼児用フィンランド・ベビー・ボックスも購入が可能です。こちらはオリジナル版ですが、北欧らしいデザインのお洋服がたくさん詰まっています。


そしてこの度、日本からの購入者からも沢山の声を受けて、この幼児向けボックスにムーミンバージョンが新登場しました。これがまたとってもキュートなんです!ここでしか手に入らない限定デザインなのでぜひチェックしてみてください。


詳しいボックス内容はこちら「フィンランドの幼児版ムーミンボックスをいち早く調査!」を参照ください。

スポンサーリンク




話題のベビー用ボックスを北欧から取り寄せてみたら” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

top