失敗しない!スウェーデンのホテル選び

ホテルの選び方

最終更新日:

こんにちは!スー子です。

寒くなってきましたね、いかがお過ごしでしょうか。もう師走が目前に迫っていますが、年末にお休みが取れる方も多いかと思います。スー子はクリスマスに向けスウェーデン行きのチケットを手配し、楽しい楽しいお休みの準備に励んでいます。今日は私も毎回お世話になっているスウェーデン旅行時におすすめな三都市のホテルとその賢い予約方法ご紹介します。

北欧のホテル
(Photo by Bill Anastas on Unsplash)

知っておこう!北欧のホテルはお高め

北欧を旅行したことがある人ならばご存知だと思いますが、スウェーデンをはじめとして北欧は全般的に物価が高く、ホテル等の宿泊施設も高いです

また、海外では一般的ですが、ホテルは基本的に一部屋当たりの請求となるため、シングル用の部屋が少なかったり設定のないホテルもあって、一人旅をする人には少々厳しい価格というのが私の見解です。

もちろん、例えば同じダブルベッドの部屋でも、一人での宿泊と二人での宿泊の時の一部屋当たりの金額は異なりますが、そこに大きな価格差はなく一人の時の宿泊金額は残念ながら割高なのです。そのため北欧旅行は同室に泊まれるお仲間と一緒に行くことをお勧めしたいのですが、私自身一人旅が多いため毎回ホテル予約の度に気分が落ちます。

友人宅に泊まらせてもらうこともありますが、やはり時期や到着の時間帯によっては迷惑になることもあるためホテル宿泊が必要で、その選択はお財布に直結するためとても重要です。

スウェーデンは都市の規模に拘わらず全般的にホテルが高く、街の中心部の名の知れたホテルチェーンに宿泊しようとすると、シングル利用で朝食なしでも平均15,000円/泊以上かかることが多いです。

観光や食事、お土産などを買うことも考えるとホテルはできるだけ安く済ませたいと誰もが願うことですよね。

スポンサーリンク

海外行くなら!イモトのWiFi

中心部に近く安全に快適な宿泊ができるホテル選び

では、安ければ何でもいいかというとそうもいきませんよね。

私自身も短いスケジュールで効率よく回りたいと思っているため、安くても中心部から遠いホテルやドミトリーベッドの部屋、ベッドリネンやタオルがついていないホステルなどは避けるようにしています。学生の時はそのような宿泊施設も選んでいましたが、やはり安全面や体力面で疲弊します。しかもそのような施設はさほど安いわけでもなかったりします。

このような背景から、私は近年は知恵を絞りコスパの良いホテルを見つけ出すことに精を出しています。

今回は首都ストックホルム、第二の都市ヨーテボリ、そして第三の都市マルメの街中のおすすめホテルをご紹介します。

本当は流行りすぎて泊まれなくなったら困るなと思って、内緒にしておきたい気持ちもありますが、ぜひ読んでくれているあなたの旅の役に立てていただきたいです ^^

スポンサーリンク

Booking.com

ストックホルム(Stockholm)のおすすめホテル

ストックホルム観光の主な見どころは旧市街を中心としたストックホルム中央駅から徒歩、バス、地下鉄で回れる4-5kmのエリアです。

そのためホテルはできるだけこの中心部で探すことをおすすめします。その中でもArlanda(アーランダ)空港とのアクセスが便利なストックホルム中央駅付近がおすすめです。

北欧を旅行する際はそれなりに長期となり、また防寒具が必要だったりと大き目のスーツケースを持参しているケースが多いと思います。アーランダ空港からストックホルム中央駅までは「アーランダ・エクスプレス」という特急列車が15分おきに運行していて、約20分で移動することが可能です。(280kr※往復や2名以上の割引などもあるため公式サイトを要チェック)できるだけ観光の時間を確保するためには空港・市内間の移動はこのアーランダ・エクスプレスを利用しましょう

このような観点で、私は毎度ストックホルム中央駅に近いホテルを利用したいと考えています。ヨーロッパの他の国でもあることですが、スウェーデンも石畳やおしゃれな道路が多いため、スーツケースを引いて長時間歩くというのはかなりきついです

また冬は雪も降り、とても寒いためスーツケースを持って移動する場合は、タクシー、バス、地下鉄などの利用を想定することをおすすめします。

First Hotel Kungsbron

私が何度も利用しており一押ししたいのが、ストックホルム中央駅のアーランダ・エクスプレスの降り口から地上に上がって電車が下を通っている橋を渡ってすぐ左の通りにある、つまり駅の目と鼻の先にあるFirst Hotel Kungsbronです。大きいスーツケースを持っていてもアーランダ・エクスプレスを降りて5分で着くという好立地でありながら価格は良心的で朝食も美味しく満足のホテルです。

◆メリット◆

  • 立地・利便性の良さ
    旧市街までも徒歩圏内(約15分)で、コンビニも徒歩数分にセブンイレブンがあります。
  • 価格
    シングル利用かつ朝食込で約10,000円~です。特に治安の悪いエリアでもないため、この立地からするととてもコスパが高いです。
  • 朝食が美味しい
    豪華な朝食会場というより、シンプルで明るい食堂が玄関入って右にあります。タマゴやハム、サラミなどに生野菜が数種類あり、パンの種類も豊富です。スウェーデンチーズやスウェーデン風キャビアチューブなどもあり、スウェーデンの朝食を堪能できます。朝食の一角にあるその場でマシーンで絞って飲むオレンジジュースが最高です。
  • 感じの良いスタッフ
    チェックアウト後も荷物を預かってくれるフロントのスタッフもフレンドリーで好感が持てます。

◆デメリット◆

  • 最安の部屋は窓なし
    一番お得な価格の部屋は地下のため窓なしですが、観光で歩き回っていて寝るだけなので逆に静かでよく寝られます。そのため私は窓なしのリーズナブルな部屋をいつもチョイスします。
窓なしの部屋

「First Hotel Kungsbron」の詳細を見る


Comfort Hotel Stockholm

こちらのホテルには以前に2回ほど泊まったことがありますが、このComfort Hotel Stockholmもストックホルム中央駅に隣接しており、アーランダ・エクスプレスの降りたホームからエレベーターで地上階に上がりすぐ隣が入り口と、とても立地が良いです。

(by Booking.com)

◆メリット◆

  • 立地・利便性の良さ
    大通りに面してして、ホテルを出て右(橋と逆方向)に進むとMAXというハンバーガーチェーンが角にあったり、寿司屋やカフェ、遅くまで営業しているレストランも多数あり便利です。特に空港とのアクセスを重視する際にはおすすめです。
  • 価格
    シングル利用かつ朝食込で約8,000円~です。
  • 朝食が充実
  • ホテルチェーンの安心感
    Comfortホテルはチェーン展開しているため、安心感があります。
  • セキュリティ面
    エレベーターのセキュリティがしっかりしており、安全面でも安心感があります

◆デメリット◆

  • 部屋が狭い
    いわゆるシンプルなビジネスホテルという感じで部屋は狭いですが、清潔で問題なく過ごせました。

「Comfort Hotel Stockholm」の詳細を見る


番外編:空港内のRadisson Blu SkyCity Hotel

ストックホルム中心部ではありませんが、例えばストックホルム観光が一日などと短い滞在の場合は、アーランダ空港付近に宿泊し日帰りで中心部を観光するというパターンも可能です。

6時間内の往復であれば空港・市内間を結ぶ空港鉄道の「アーランダ・エクスプレス」は340krと割安に利用することもできます。

そしてその際におすすめなのが空港内にあるラディソンブルースカイシティホテルで、早朝のフライトを利用する際にもとても便利なホテルです。

値段はシングル利用で約18,000円~とさすが空港内ホテルなだけに値は張りますが、場所もターミナル4とターミナル5の間にあって分かりやすくとにかく便利でとても快適です。

4:30から利用可能な朝食ビュッフェにはサーモンなどが並びスカンジナビアンなラインナップを堪能できるため、もしこのスカイシティに宿泊するのであれば朝食は余裕を持ってゆっくり摂ることをおすすめします。

SASのマイルでラディソンブルー系列のホテルに宿泊することも可能なためお持ちの方はぜひ利用してみてください。

ラディソンブルースカイシティ

「Radisson Blu SkyCity Hotel」の詳細を見る

ヨーテボリ(Göteborg)のおすすめホテル

ヨーテボリはストックホルムに比べ見どころがキュッと纏まってはいますが、Hagaなどのおしゃれで可愛い小道のあるエリアは石畳が多く、やはりスーツケースの持ち運びはとても大変です。

そのため時間と手間を節約するには、ヨーテボリでも中央駅の近くに宿泊することをおすすめします。ヨーテボリは公共交通機関(バス、トラム)が充実しているため、スーツケースさえホテルに置いてしまえば、大抵の場所はバス・トラムで移動が可能です。

空港からのバスも駅周辺発着のため、便利です。

First Hotel G

このホテルはこれまで数回利用していますが、利便性が最高です。スーツケースを持ってヨーテボリ中央駅から出ようものならば、必ずガタガタな道に車輪を取られ移動するのに倍くらいの時間がかかりますが、駅構内のフローリングをするすると転がし、二階に上がるだけのこのホテルには毎度助けられています。

ヨーテボリ中央駅
ホテルの渡り廊下からは駅が見下ろせます

◆メリット◆

  • 立地・利便性の良さ
    ヨーテボリ中央駅の中に併設されているため、近郊都市への電車での移動の際に便利で、バスやトラムも通っているため観光にも有利です。駅の中にはPressbyrånというコンビニがいくつかあり、また駅から道路を渡った(半地下道もあり)目の前にNordstan(Femman)というショッピングモールがあり大きなスーパーなども入っているため便利です。駅のバスターミナルからは空港行きのリムジンバス(約40分)も出ており、空港アクセスも容易です。
  • 価格
    私の知る限りシングルベッドの部屋はなく、ダブルやツインルームでの一人での宿泊かつ朝食込で約13,000円~です。
  • 部屋が広い
    シングル利用の最低価格の部屋でも広々していてゆったりとくつろぐことができます
広々とした部屋

  • 設備が良い
    ケトルが備え付けられており、シャンプーなどアメニティは最低限ではありますがストックホルムブランドの品を置いていることが多くハイセンスです。
  • 朝食が豊富
    フロント奥のおしゃれな空間で種類が豊富な朝食をいただくことができます。

◆デメリット◆

  • 朝食会場が混む
    おしゃれではありますが、規模に対して朝食会場が小さいためか7時台に宿泊客が殺到し席を確保するのが難しいことが多々あります。
  • フロントでのチェックアウト時に列ができる
    朝食同様、フロントにもチェックインやチェックアウトの宿泊客が同時に殺到することが多く時間がかかることがあります。
「First Hotel G」の詳細を見る

Hotel Royal

駅から5分程歩きますが、個人的におすすめなのがHotel Royalです。ヨーテボリで一番古いホテルと言われていて、中心部にも拘わらず70部屋以上の部屋を持つホテルですが、今でもチェーンの傘下には入らず独自のスタイルを貫いている老舗ホテルです。私は二名でツインを利用しましたが、ベッドと布団が今まで宿泊したホテルで一番寝心地の良いもので感激しました。

ホテルロイヤル

◆メリット◆

  • 立地・利便性の良さ
    石畳ではありますがヨーテボリ中央駅からも近く、ショッピング街から一つ離れた通りのため落ち着いていながらアクセスが良いです。
  • 価格
    シングル利用かつ朝食込で約11,000円~です。
  • 朝食が豊富で美味しい
    温かみのあるゆったりした朝食会場で豊富な朝食を楽しむことができます。またエントランスには水やジュース、手作りのパウンドケーキが置いてあり、好きな時にいただくことができます。
  • 寝具が心地よい
    ベッド幅は一般的なスウェーデンサイズ(日本のシングルより狭い)ですがのとにかく寝心地がいいです。
クラシカルな部屋
  • ヨーテボリの古き良き雰囲気を感じられる
    普通のスウェーデンのおばあちゃんの家に泊まりに来たような内装のお部屋で、木のフローリングも温かみを感じます。一方で部屋に置いてあるドライヤーの風力は強く設備にも満足です。

◆デメリット◆

  • 特にありませんが、一人でスーツケースを運んでホテルに入る際、エントランスに3-4段の階段があり、立派な重いドアを開けるのが少し大変ですが、アットホームなスタッフが手伝ってくれるため心配は不要です。
「Hotel Royal」の詳細を見る

マルメ(Malmö)のおすすめホテル

マルメにはお気に入りのカフェがあり友人も住んでいるため何かと短期で訪れることがありますが、私が利用して良かったと思うのは以下二つです。

どちらも駅から徒歩10分以内で中央駅と中心街の間にあるため観光におすすめです。

また、マルメはストックホルムやヨーテボリより街の人口密度が薄くスーツケースを引いて歩くこともさほど大変ではありません。

ちなみに私がマルメを訪れる際はたいていデンマークのコペンハーゲンに着陸し、コペンハーゲンの空港から電車でマルメ中央駅まで移動します。直通電車が通っており運行頻度も多く、約30分(89dkk)で着くため便利です。

Moment Hotel

マルメは総じてホテル数が少なく、選択肢が正直あまりありません。そんな中でMoment Hotelは中央駅から近く安価で快適な部屋を提供してくれます。全体的にシンプルですがスタイリッシュで清潔感があります。

外観
(by Booking.com)

◆メリット◆

  • 立地・利便性の良さ
    駅から徒歩5分以内で道路状況もよく移動が楽です。
  • 価格
    シングル利用かつ朝食込で約7,000円~です。
部屋
(by Booking.com)

◆デメリット◆

  • アメニティが少ない
    部屋にはシャワーがついていますが、備え付けのソープ一種類のみでシャンプー類は置いていません。
  • 朝食はサンドイッチ数種類のみ
    美味しいので特にデメリットとは感じませんが、朝食会場には飲み物とサンドイッチ(オープンサンドのようなタイプ)、ヨーグルトのみでビュッフェのような感じではありません。
「Moment Hotel」の詳細を見る

Best Western Plus Hotel Noble House

駅から徒歩10分程度のグスタフ・アドルフ広場に面していて、観光のアクセスが良いです。ベストウェスタン系列のホテルはマルメ市内に数軒ありますがここが一番中心に近く、夜でも明るくアクセスが楽です。

ベストウェスタン
(by Booking.com)

◆メリット◆

  • マルメ観光のアクセスがよい
  • 朝食が豊富
  • 部屋が広い
  • チェーンのため総じて安心・快適
部屋
(by Booking.com)

◆デメリット◆

  • 価格
    予約時期により価格に結構な差があることがあるため、私は断念することもあります。訪れる予定の際は、ちょこちょこ予約サイトを確認し、安い時を狙って予約するのがおすすめです。
「Best Western Plus Hotel Noble House」の詳細を見る

賢くホテル予約をするなら

ホテル予約のコツ

北欧に限ったことではありませんが、ホテル予約にはコツがあります。予約するタイミング、キャンセルの可否、部屋タイプのリクエストなどの要望・問い合わせの可否などがあります。私はこれまで10年近く北欧を始めとした海外を仕事とプライベートで巡ってきて試行錯誤した結果、行きついた最善の予約方法が「 Booking.com」です。

色々なサイトを試したり比較してきた中で、現状は、Booking.comが立地、価格、口コミの表示が見やすく、短時間で効率よくホテル選びが可能です。

Booking.comのおすすめポイント

◆Booking.comを利用するメリット◆

  • 価格
  • 見やすい地図と価格表示
  • 豊富な条件設定対応
  • 柔軟なキャンセル無料プラン
  • 部屋タイプの希望を伝えることが可能
  • ホテル側とのコミュニケーションのしやすさ

Booking.comは宿泊直前までキャンセル無料という設定の予約が可能なプランを比較的多く紹介しています。

私は時々エクスペディアや他の予約サイトでも同日程の同ホテルの価格と条件を比較していますが、価格で若干負けることはあってもキャンセル無料の条件はBooking.comが負けることはほぼないです。

「キャンセル無料条件」がそんなに大事なの?と思う人もいるかもしれませんが、これは旅行や宿泊の決行・中止だけが全てではありません。もちろん旅行の日程が変わったり、宿泊エリアを変えることになるなど、キャンセルポリシーは融通の利く方がいいに越したことはないのです。

その他にも例えば、気になるホテルが2つあった際に万が一もう一方がセール等で価格が安くなった時にキャンセルや変更ができるというメリットもあるのです。

また、Booking.comではこのキャンセルポリシーの他にも細かく絞り込み条件設定が可能な点もメリットです。Booking.comが気になった方は一度どこかの都市のホテルに宿泊すると想定し、他のサイトと比べてみてください。最近はアプリも進化していて情報の登録を一度すると次からは楽々予約ができるようになります。

Booking.comの予約ページではホテル側に質問やリクエストをすることもできます。

例えばチェックイン可能時間より早く到着する場合のチェックイン時間、荷物の預かりが可能かなど心配なことを確認しておくことができます。私の経験ではこれまで100%の確率でホテル側から2日以内に返事があります

他にも例えば、ダブルかツインか分からない部屋の場合も、大抵はどちらを希望するか予約時点で希望を伝えることができるようになっているのも大きなメリットです。

例えばストックホルムのComfort Hotel Stockholmの予約ページはこのようにベッドタイプを選択できます。

Booking.com予約サイト

私の経験ではどの予約サイトにしても、ホテルは基本的に日にちが迫れば迫るほど高くなるため、できるだけ早い時期に予約しましょう。そして早い時期の予約だからこそ安く予約することができ、万が一変更やキャンセルをしても無料なので安心という柔軟な予約サイトを利用することをおすすめします

【Booking.com】世界のホテル割引予約

さて近々スウェーデンに行く予定のある方、他の国に行く予定がある方、旅行は少しおあずけという方も次の旅行のホテル予約の参考にしてみてください。

ちなみに調べていると気づくのですが、スウェーデンでは基本的に週末の方がホテルの価格は安いです。ホテルとしては、旅行者よりは金額に糸目をつけないビジネスマンの宿泊でしっかり稼ぐためとスウェーデン人の友人たちは言いますが、どうなのでしょうね。

私のクリスマスのスウェーデン旅行記は年明けにお届けできればと思います ^^

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

top