衝撃!Surströmming(シュールストレミング)を欲しがったワンちゃんが・・・

わんちゃん

こんにちは!スー子です。

ついに今年のSurströmming(シュールストレミング)解禁日である8/17(木)まで一か月を切りました!!シュールストレミング工場の生産もそろそろ終盤となっていることでしょう。毎年、北欧の夏である6-8月の間はシュールストレミングを巡って様々なハプニングやニュースが出ますが、あるスウェーデンの一般人が昨年の投稿したYoutubeをご紹介したいと思います。
スウェーデンでは、サイズに拘わらず、犬を家の中で飼っている家庭がとても多いのですが、そんなペットのワンちゃんがいつものように飼い主の食べているものを欲しがりました。それがシュールストレミングだったのですが、そのワンちゃんのまさかの結末に飼い主たちも、動画を見た人達も苦笑いです。。。笑 この動画は6万回以上再生されており、世界中でシェアされている珍動画となっています。
一部汚い映像があるため、好奇心のある方だけご覧ください 汗

スウェーデンでは犬もシュールストレミングを食べるのか?

スウェーデン北部の都市、Umeå(ウメオ)に住むMalin Jonssonさんが、飼い犬であるフレンチブルドッグのEllaちゃんにシュールストレミングを与えた動画が話題を呼んでいます。スウェーデン北部ではシュールストレミング解禁日以降、家族や友人と1-2か月に数回シュールストレミングを食べる機会があるという人も少なくありません。Malinさんは例のごとくシュールストレミングパーティーを開いており、テーブルの下でウロウロして食べ物をねだる5歳のフレンチブルドッグのEllaちゃんに、「それじゃあ、少し味見させてあげるね。」と言ってあげてみることに。というのも、Malinさんが飼っている同じくフレンチブルドッグのワンちゃんは既にシュールストレミングを食べたことがあるため、Ellaちゃんにも味見をさせてみようとしたのです。
さてEllaちゃんはどんな反応をしたのでしょうか???

(投稿者:trummismalin)

スポンサーリンク


Malinさんによると、犬もシュールストレミングを食べるという面白い動画になると思っていたのに、まさかこんなリアクションをされるとは想像もしていなかったと言います。Ellaちゃんはフォークに刺さったシュールストレミングを前に、そのニオイで嗚咽(おえつ)を催してしまいました。味見は失敗に終わったという苦笑してしまう動画です。

Malinさんによると、この後Ellaちゃんは何もなかったかのように正常に過ごしていたようです。Malinさん自身、大人になってから7年かかってシュールストレミングを食べれるようになったため、恐らくEllaちゃんにも訓練が必要で、きっとこのスウェーデン北部を代表する食べ物を食べられる日が来るだろうと言います。ただ、次に味見させるときはちゃんと準備をして、何が起きても始末しやすい環境で試したいと言います。

夏の風物詩・ザリガニの方がお好き

Ellaちゃんは通常生の食べ物を餌としていて、特にザリガニが大好きなのだとか。スウェーデンでは、シュールストレミングに並んで夏の風物詩としてザリガニを食べる習慣があります。こちらはスウェーデン全土に共通の文化で、たいていの家庭はザリガニパーティーを開きます。Malinさんは、「Ellaにはシュールストレミングの訓練もするつもりだけど、それよりザリガニパーティーに出席してもらう方がEllaも幸せだろうし、いいのかもしれないわ。」と言います。

スウェーデンの犬事情

スウェーデンでは、飼い犬に人間の食事の残飯や生肉などをあげる家庭が結構多いです。私のホストファミリーもトイプードルを買っていましたが、ドッグフードを食べずにキャットフードを食べたり、夕飯を調理中のママやパパからソーセージや生肉をもらって食べていました。また、日本ではねぎ類はNGと言われる犬ですが、ホストファミリー宅では食事の残飯で玉ねぎが入っている時もお構いなしにあげていて、衝撃を受けました。妊婦さんがはちみつNGなスウェーデンに対し、OKな日本のように、国が変われば犬の餌の常識も違うのかと思ったことを思い出した面白い動画でした。

ちなみに、ホストファミリーの飼っていた犬は、私の知る限りシュールストレミングは食べていませんでした。基本的に私たちの食べている物をねだる犬でしたが、シュールストレミングには多分近寄って来なかった覚えがあります。老齢となり、最後は歩けなくなってしまったため昨年ホストファミリーが獣医さんの下で安楽死をさせたと連絡がありました。ペットの安楽死はスウェーデンでは日本より多いと思います。人はもちろんですが、動物に対する尊重の考え方が一般的な日本人とは違うのもスウェーデンの興味深いところです。もちろん「スウェーデン人」と一括りにすることはできないのですが、周りのスウェーデン人を見ていると、日本人よりもスウェーデン人の方が価値観や考え方が人により異なるとも感じます。個人の自由がより大きいスウェーデン社会ならではのことではないかと私は思います。

ホストファミリー宅の犬




衝撃!Surströmming(シュールストレミング)を欲しがったワンちゃんが・・・” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

top